【KTS】純正触媒が壊れる!S2000(AP1) SARD製キャタライザー交換

今日は「S2000 AP1」のSARDキャタライザー取付けをご紹介~
触媒交換に至った経緯は、ある日走行中にふとメーターを見るとエンジン警告灯がついているじゃありませんか!
こいつです
車両にはダイアグノーシスという故障個所を自己診断してコードで表示できるメーターがついていて、
もしやと思って確認すると「セカンダリO2センサ 電圧低い」という履歴がでておりました ΣΣ(゚д゚lll)
なんじゃそりゃと思いそのまま乗っていて大丈夫か心配なので一生懸命ググりましたよ・・・
AP1ではよくあるトラブルのようで、すぐにこれではないかという疑惑の箇所がでました
どうやら原因箇所はキャタライザーのようで、
キャタライザーは中に蜂の巣のようなハニカム状の
フィルターが入っていて、そこを有害物質を含んだ
排気ガスが通過する際に化学変化で浄化する部品なんです
そのハニカムの目をセルといい、目が粗いほど抜けがよくなりパワーもでるというわけ
問題は、AP1純正のキャタライザーはそのセルを止めている溶接がはがれて、キャタライザーの中をずりずり
動くようになると・・・ ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!
純正触媒が壊れてますね~!
そしてAP1はO2センサーが2つあり、キャタライザーに1個O2センサーがささっています
O2センサーは排気ガス中の酸素の有無を見ている空燃比センサーで、エンジンが温まっている状態で作動する部品です
動くようになったハニカム部がO2センサーにヒットしグイグイセンサーを押すんですね~
外したセンサーを見るとばっちりセンサーがへこんでまして、押しているハニカム部はセンサーがめり込んでへこんでおりました マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?へこんどるわ~
C型の物体がハニカムの部分
もしかするとここ数年燃費が異常に悪かったのはこいつが原因だったのでは・・・
取付した部品はコチラ
「SARD スポーツキャタライザー」
代表的なエキマニの出口が60φに対して、SARDキャタライザーは浄化性能を重視しているのかエキマニ側が76φとなっております
流行りのメタルキャタライザー(触媒)ですね
そこでその内径差をうめるアダプターを入れております
ハンマーで結構叩き込んだのにビビり音がでているのは内緒~ (TωT、)
鈍感大王な自分には街乗り程度の走り方ではパワー感が上がったかどうかはいまいちわかりませんが
回した時の音のざらつきと中回転域でのこもり音が減少したような気もします
サーキットでの変化に期待です!!因みに気になる価格!!
(H29.2現在)
SARD製キャタライザー定価85000-
通常値引¥68000-
取付工賃¥3000-
ホンダ純正O2センサー(セカンダリー)
¥18500(時価・純正部品の価格変動の為)
 通常交換工賃¥2000
税込総額では¥9万円半ばくらいですね~(o^∇^o)ノ

【店舗情報】

KTS FACTORY
 〒334-0013
埼玉県川口市南鳩ヶ谷1-25-3
川口市・鳩ヶ谷合併前 旧住所:鳩ヶ谷市南1-25-3
048-285-8906
作業リフト×5機
アライメントテスター3機(内2機3Dタイプ) 配備
最寄路線:首都高川口線 外環自動車道 国道122号線

 

KTS 一之江店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-28-13
03-3674-2006
*平面リフト&2柱リフト合計4機(内アライメント兼用2機)
新第二工場完成!ミニバン作業も可能になりました。
輸入車もサスペンション交換・アライメントOK!
最寄路線:首都高7号線 環七沿い
店舗裏に駐車場有

KTS 平和島店

〒143-0016

東京都大田区大森北5-10-13
03-5767-5832
*平面リフト×4機(内アライメント兼用2機)
輸入車&ミニバン 
サスペンション交換・アライメントOK!
最寄路線: 環七沿い 首都高1号羽田線 国道15号
店舗裏に有料パーキング隣接
店頭にてパーキングチケットお渡しします。
(詳しくはTELにて)

KTSオフィシャルHP URL : http://kts-web.com/index.html